AMY加藤さんとの出会い②

それは、振袖という伝統的な着物を取り扱う仕事をしていましたが、もう一度、「和」を見直し、若い世代が楽しんだり、生活に取り入れるお手伝いをしたいと思う様になりました。ある時は、二部治美さんとAMYさんの講演を聞きに愛知県まで出かけたりしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top
Home Facebook Mail Tel